スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

お茶漬け?

2011/03/29 01:28

ゆずの夜食としてよく登場するこのお茶漬け

     P1010479_convert_20110328230757[1]otyaduke

彼は夜中にキッチンをゴソゴソして、夜食になるようなものを物色してますが、このお茶漬けは『ゆずの夜食ランキンング』にたぶん入っていると思います( *´艸`)♪。



もう何年前だろ?。友達2人と、このお茶漬けに、お湯をかけるかお茶をかけるかで意見が食い違い、私ともう一人の友はお湯と言ったら、もう一人の友が、

「(;゚Д゚)エエー それだと、お湯漬けでしょ?」

と言い、私たち二人は、

「ぁーー確かにっ!!(°◇°;)。」

と言ったまま、3人とも、その答えがどっちでもかまわないのでそのまま確かめることもなく、私は転勤で移動をし、彼女たちとは離れてしまいました。



そして今、お茶漬けの袋を開けごはんにかけてるゆずに、「お茶入れようか」と言ったら、「お湯でいいよ」と言うので、「それじゃあお湯漬け?」って言うと、「ん?これ見て、裏にはお湯って書いてるよ。」とゆず。

ぇっ!!(°◇°;) 

    P1010510_convert_20110328231047[1]otyaduke328-2 ←!!!


まぁ、自分が美味しいと思う方であれば、どっちでもいいんですけどね( *´艸`)クスッ♪。
でも、数年前の友達との、楽しいやりとりを思い出す今夜になりました。

彼女たちは、私が人に頼むことができない性格であることをよく知ってたので、私が気を使わないように配慮してくれながら、子供たちを見てくれたり、手伝ってくれたりしてました。・゚(´pωq`)゚・。。

毎年もらう年賀状には、当時幼稚園だった彼女達の子供たちが、面影を残したまま大きくなっています。



スポンサーサイト

子供が小さかった頃  | コメント : 5

さくら色の思い出

2011/03/07 10:02

かりんの「桜餅食べたいなぁ。」が気になってました。

いちごの時計を買いに行ったとき、デパ地下に寄りました。デパ地下には私が大好きな今川焼きが待ってるからです。いろいろ食べたけど、ここの今川焼きの粒あんは絶品で私の中の1番です。

ふと、隣をみたら、そのあんが売ってました。、これで桜餅を作ろう思い、今川焼きをやめて、あんと桜の葉の塩漬けを買って帰りました。

そして、昨日作りました、桜餅。

P1000935_convert_20110307012256[1]sakuramoti P1000950_convert_20110307012356[1]sakuramoti38
総数50個。作ってる傍から、ぱくぱく食べてる人もいました( *´艸`)クスッ♪。そして大好きな友やご近所さんに少しおすそ分けもしました。

       P1000962_convert_20110307012453[1]karinsakuramoti
1年間茶道クラブに席をおいていたかりんが、お茶をたててくれたので、お雛様と一緒に食べました。
美味しかったです(*/∇\*)♪。家族6人で完食しました。

子育て真っ只中にいた約10年前、職場の用意してくれた転勤先の宿舎の敷地内には桜の木が植えられていることが多く、よく新芽がでたら子供たちと摘んで、桜の葉を塩漬けにしていました。あんも小豆から炊いて作るのでたくさんの量の桜餅を作れました。

朝2時間ほど早く起きて、お弁当を作り、その後桜餅を作って、主人の職場に持っていってもらったこともあります。宿舎で仲良くしてもらってる人たちや、幼稚園のママ友に持って行くと、さくら餅をいう響きや雰囲気が気持ちをほんわかにする力のようなものがあるのでしょうか、みんなが喜んでくれて、とても嬉しかったのを覚えています。またそれを想像しながらの桜餅作りはとても楽しかった、子育て真っ只中の私の趣味の時間でした。

今回は手抜きしまくりでしたが、そんなことをふと思い出す桜餅作りとなりました♪。

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あんず家の週末晩ご飯
  P1000885_convert_20110306090609[1]teriyaki36 照り焼き定食

お出かけで疲れました……だから↓
              P1000926_convert_20110306090512[1]sukiyaki37 すき焼きヾ(--;)。


          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎週日曜日の夕方6時。我が家の玄関先の風景です。主人が単身先に向かう時間、みんなが玄関先に自然と集まりお見送りです。

       P1000971_convert_20110307013733[1]omiokuri3

絶対!、嫌がる!と思ったので、みんなに内緒でエプロンのポケットにデジカメを潜ませ、玄関を出る瞬間、突然振り返って、撮りました 。 あれ?、戸惑いつつも、もぉお母さんったら……って言いつつも、なんか嬉しそう?。
                                         やった♪ 勝った♥。




この際、りんごがバイト先から帰たばかりでひどい格好だとか、ニッチの上の花が傾いてるとか気にしないでおこう orz...

子供が小さかった頃  | コメント : 9

12年前

2011/02/23 09:23

絶賛!転勤族中だった頃の我が家は、職場が与えてくれた住宅に住んでいました。転勤族には、その形が一番楽な方法でしたから、与えられた住宅をありがたく住まわせてもらっていました。

そうはいっても6人家族、職場の方も配慮して下さり一番広い住宅を選んでくれてました。
6畳和室が3部屋と、6畳のダイニング、3畳のキッチン、これが1番広い形でした。

一部屋は婚礼家具でいっぱい、クローゼットのように使っていました。

残り2部屋の間の襖とダイニングの間の扉をとりはらって広くしても、それでも6人家族には狭かったです。だけど、それが私たちには当たり前の生活でした。

小学校低学年の時、ゆずの友達が初めて我が家に遊びに来た時

友 「うわぁぁああ、ツマツマl!!!!(゚ロ゚ノ)ノ…」

と叫んだ時は、あまりにも、その形容がぴったりで大笑いしちゃいました。
何もかもが詰まっていると言う意味なのだろうと思います( *´艸`)ププッ♪。

友 「ゆず君どこで寝るの?」

 「んとねー、このこたつの台は横に移動して、お布団をこう並べてしいて、みんなで寝るんだよー。」

友 「へーーーー(;゚д゚)ゴクリ……。」

一戸建てに住んでいるお友達には、衝撃的な我が家だったと思います。

無我夢中の子育てでした。でも、楽しかった♪。最初の子の時は、育児書通りでないとダメな気がして必死でしたが、3人目4人目にもなると、自分流になり、と言うよりも、日常が普通に忙しく、何事もなく過ごすことだけで精一杯。育児書を読む時間なんてありません。だけど、それでいいと思いました。

母は私。私らしく子供に接することしかできませんもの。

この写真は、1999年12月24日 クリスマスイブです。

         P1000739_convert_20110223005621[1]11nenmae11

12年前の写真をデジカメでとってそれをまた縮小したので汚いですが、(たぶんコピー機から取り込む方法もあるんだろうけど、私にはできませんorz...)その、「ツマツマの家」で生活してた頃の我が家です。

上の写真はダイニング、右の部屋には(たぶん昼間乾ききらなかった)多量の洗濯物がぶら下がってますが、その部屋がテレビを置いてるリビングもどきでした。その続き間になる和室に学習机を2つ置いてました。主人の背中には絵本をしまってるカラーボックス、その後ろが主人の書斎もどきのPCコーナーにしてますね。椅子とかきちんとしまってないと歩くこともままならない環境でしたが、狭いながらに工夫しながら暮らしてる様子が見えます。しっかし、ほんとツマツマですねヾ(--;)。

クリスマスだから、テーブルには、サラダの真ん中にローストチキンも見えるし、おにぎり、スープ、フライドポテト、フルーツポンチなんかも見えています。ごはんは、当時の方が手抜きをせずに作っていました。

この時、1歳2ヶ月のかりんですが、一人前に与えられ、フォークか手づかみ?で必死で食べています。他の子供達と同じようにこの頃から一人で食べていました。この後ケーキですね。

写真を眺めていたら、当時の幸せな気持ちが湧き上がってきます

               狭いながらも本当に楽しい我が家でした゚.+(〃ノωノ)゚.+°。。

             P1000750_convert_20110223015717[1]midorinosekai 

子供が小さかった頃  | コメント : 3

おはなしゆびさん

2011/02/12 00:02

食器を洗っていて、ふと思い出しました。
やっぱり、その時も晩ごはんの後、同じように食器を洗っていました。

いちご4歳の時です。

 「幼稚園で今歌ってるのぉ♪。」

と言って、大きな声で 『おはなしゆびさん』 を歌いだしました♪。

   おはなしゆびさん 1   童謡 『おはなしゆびさん』 の歌詞

最後まで歌った後に、主人が、

 「ぁ! この歌いちごの歌だねー。(指を示しながら)お父さんでしょ、お母さんでしょ、ゆずでしょ、りんごでしょ、かりん♪。ね、いちごの歌でしょ?。」

 「あ! ほんとだー、いちごの歌だ。ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪」



それから、『おはなしゆびさん』 は、我が家では、『いちごの歌』になりました。
               ・
               ・
               ・
               ・
               ・
               ・
               ・
当時、食器を洗いながら、そのやりとりを聞き、『いちごの歌』に気がついた優しい主人のことを、超好きと思いました。|||・ω・*)ポッ


        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のおやつはアップルパイ 冷凍パイシートが4割引だったのです( *´艸`)♪。

P1000552_convert_20110211175758[1]アップルパイ  P1000556_convert_20110211175857[1]アップルパイ1

子供たちも、
「お店で買うのよりお母さんのアップルパイの方が美味しい。」
と言ってくれます(*/∇\*)♪。
アップルパイは、焼きあがってすぐ食べる方が絶対!美味しいと思います。パイ生地サクサク、中もお好みの甘さにできるし、ぜひっ、ホットアップルパイ試してみて下さい!。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   晩ご飯は
            P1000563_convert_20110211192205[1]すき焼き  すき焼きでした。


                                                        湯気が……

子供が小さかった頃  | コメント : 6

恥ずかしいけど

2011/01/31 12:16

96f5df38ee1fc7367e73ba1b86a862f7[1] 1月も今日で終わりだし、来年ブログを続けているかどうかもわからないので、お正月の我が家の行事だったことを、今更ですが書いておきます。

めっちゃ恥ずかしいですけど、思い切ってさらしますよ~゚.+(〃ノωノ)゚.+°。 

H19年                  H20年
P1000484_convert_20110131114050[1]19年習字    P1000486_convert_20110131114221[1]20年習字

下っ手くそ~な習字ですヾ(・_・;)‥左が平成19年、右のが20年だと思います。

右上から 主人・私・りんご
左上から ゆず・いちご・かりん (H19年のかりんの下には犬まで書初めしてます^^;)

山田邦子という芸人さんが、昔、テレビで言ってたのです。1月2日は書初めを家族でしていると。練習なしの一発勝負で文字を書くのだと。

ぉお!(ポン!)楽しそうだ!とず~と思ってて、実行してた年があったんです。

書初めなだけに!練習なし!の一発勝負です。みんな、一発勝負に緊張して、固くなり文字に変なぎこちなさを感じますがそれはそれで楽しいんです♪。毎年年末になると、来年の一文字は何にしようか…が家族の口からでていました。それも楽しかった( *´艸`)ププッ♪。そして、書きあがった書初めは、画像のように1年間来客の目が届かない、家族だけが目にする2階に1年間貼っておきました。

H19年は、りんごとゆずの受験の年だったからでしょう。私は「優」の文字にしています。どんな時も優しい母でいようとの思いからこの文字にしました。

H20年は、「楽」。お気楽、楽して楽しむぞ!って気持ちが文字になってでてますねヾ(--;)。

その年、その年で、みんなの気持ちが一文字から伝わってくるようで、今振り返ってみても、これは楽しい家族の行事だったような気がします。

5年ほど続けてたのに、りんごのバイトやそれぞれの都合でうやむやになり、去年と今年はしなかったけど、来年からまた再開しようかな~。


子供が小さかった頃  | コメント : 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。