スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

先生の想い(10年後の君に…)

2011/03/04 02:03

花粉症で目を少し充血させたいちごが学校から帰ってきました。
かばんを置いて制服を脱いたら、すぐにキッチンにいる私の傍に来て、おやつにと思ったココアのパンケーキを焼いてるそばから頬張りながら、今日学校であったいろいろを喋ってくれます。まるで、子供の頃の私みたいです( *´艸`)クスッ♪。

 「今ね、10年後の自分のために手紙書いてるん。」

ぇ?タイムカプセルみたいなのするの?って聞くと、

 「先生がね回収して、10年後のみんなに送ってあげるって言うの。」

驚きました。10年間大切な手紙を預かった先生の負担を想像したら、私にはできないと思いました。ですが、

 「自分がそうしてもらって、とても嬉しかったから、私もみんなにしてあげたいって言ってた。」

……+.(*´pωq`)゚+.先生……

そして、めんどくせーって言ってる男子生徒に向かってこう言ったらしぃです。

『以前も同じことをしたのですが、先生に手紙を出さなかった男子二人は、10年後にはいませんでした。自分より若い人が先に逝くということはとても違和感がありました。だから、手紙書きなさいよ。』

めんどくせーと言った男子生徒は
『こぇー、書かないと死ぬのかよ・・・。』
と言って、しぶしぶ書いていたそうです( *´艸`)クスッ♪。

先生やるなっと思っていたら、どうもその話は本当らしく、亡くなった男の子二人の逝った理由も話して聞かせてくれたらしいです。

そして、先生自身が10年前に書いた自分の手紙が届いたときに、とても嬉しかったこと。その手紙の最後に書いてた『ラーメンが食べたい』の一言で、当時受験で夜遅くまで勉強してたときの事を思い出し、屋台のラーメンのラッパの音が聞こえてきてお腹が空いてこの言葉を書いたんだろうと当時の自分を思い出し、とても愛おしく思ったことを話してくれたらしいです。

話を聞きながら、お腹の空いた受験生の先生を想像し、また手紙を受け取って当時を懐かしんでいる幸せそうな先生を想像し、とても心温まりました。
私と同世代の女性の先生です。私はいちごに、

「先生が義務教育最後の先生でよかったね。」

と言いました。

めんどくせーと言った男子生徒達も、10年後手紙が届いたときに、10年後この手紙を必ず受け取って欲しいと願う先生の優しさや生徒を思う深い愛に感謝することでしょう。
                                           tc4_search_naver_jp[3]。。。。。。。。

スポンサーサイト

日記  | コメント : 7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。