スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

時を刻んで

2011/03/06 08:56

昨日は、いちごの高校進学祝いの、腕時計を買いに、デパートに行きました。

いちごにどんなのが欲しいか聞くと、緊張も少ししているのか戸惑いながら

「なんでもいい。」

と言いますヾ(--;)オイオイ。
とりあえず、この子の時計ですと店員さんに言い、適当なものを持ってきてもらいました。

腕にいれてみたりして吟味してる時、かりんと二人で絶対買わない、買えない高級時計を見て回ってた主人が来て、電池交換しなくていいのがいいよと言うので、絞られてきました。

その頃になると、いちごも緊張がほぐれてきたのか、

「ピンク色のがいいなぁ。」

と言うので、消去法でどんどん絞られ、残り5つの時計の中から、いちごが「これがいい。」と言った時計に決まりました。予算をかなりオーバーしましたが、記念に残るものを、いちごが選んだ時計をプレゼントしたかったので、それでいいと思いました。

P1000920_convert_20110306090050[1]kinentokei P1000918_convert_20110306090200[1]kinentokei1
(ブログに載せていい?と聞くといちごが撮影してくれました↑。気持ちの入った撮影ですよね( *´艸`)♪)


私が中学を卒業して数日後、街に行こうと両親に誘われました。市とつく街に行くことは、 田舎 に住んでる当時の私には結構わくわくするイベントでした。
そして、1時間以上かけて街に行き、向かった先はその街で一番大きな時計屋さん。

「あんずの腕時計を買うために来たんだよ。好きなの選んでね。」

と言われ戸惑いました。いちごの反応と全く同じ私がそこにいました(*・ ・*)。選んでと言われても困りました。店員さんの勧められる時計を買ったと思います。きっと普通の時計だったと思いますが、私にとっては高価過ぎる贈り物でした。両親の心にとてもとても感謝したのを今でも覚えています。その腕時計は、今でも私の時を刻んでいます。


いちごは、時計をみながら、

「早く高校生になりたいなっ"o(〃・ω・〃)o"♪」
と小躍りしました。

きっと勉強勉強で、大学受験にむけてだけの3年間になると思います。そういう高校を選んでいるので今から目に見えてる生活ですがそれはいちごも承知のうえ。

ですが、勉強を3年間の軸に置いたとしても、その周辺で起こる胸ときめく出来事や涙する出来事、いちごにとってその時に必要だから起こるいろんな出来事を、この時計と一緒に胸に刻んでいって欲しいと思います。

スポンサーサイト

日記  | コメント : 3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。