スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

THE ROCK

2011/04/14 10:38

『 THE ROCK 』 私の好きな映画のひとつです。
                                     image[1]
もう一度ちゃんと見てから、記事にしようと思いDVDを探したけど、録画したのはビデオテープしかないみたいで、再生しようがありませんでした orz...(いい加減ビデオテープ処分しなきゃと思いつつ、たくさんの録画した大好きな映画たちと別れるのが辛い私です)。借りに行く元気もないので、記憶だけを頼りにしての記事ですから、記憶違いがあるかと思います。

脚本の素晴らしい映画で、スピード感もあり、見てる人は必ず引きこまれていく物語だと思いますが、この映画で二つのセリフが私は心に残っています。

ひとつはFBIの化学兵器スペシャリスト、スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)が最初の方で恋人か同僚に話していたと思います。

「郵便物に爆発物が仕掛けられるような時代に子供を作ること自体が虐待だ。」(正確ではないかもです><)

4人の子供を産んでる私には、ショックをうけたセリフでした。

そしてもうひとつのセリフは、33年前に脱獄不可能な刑務所として知られたアルカトラズ(THE ROCK)から脱獄した囚人ジョン・パトリック・メイソン(ショーン・コネリー)のセリフです。彼は最高の訓練を受けた元SAS(英国特殊空挺部隊)の諜報部員ですが、60歳を超えてもなお幽閉されたままです。彼が娘に会ったときに確か

「自分が生きたという、唯一の証だ」

と言ったと思います。

なんだかこの両極端とも言える二つのセリフがとても心に残った映画でした。

私は、幸せなことに、自分が生きた証を4つも残すことができました(*・ ・*)。そしてその証は未来へ受け継がれて行くと思います。

未来を描くだいたいの映画が、核戦争の後だったり、環境破壊の後の姿だったりと荒廃した絵しか見られなくて残念ですが、それは映画の中だけの未来であって、どうか本当の未来は、爆発物など送られたりしない、核戦争などない、緑を大切にしようとする姿勢の見える、争いのない平和な世界でありますように……と願わずにはいられません。





続きを読む »

スポンサーサイト

映画・ドラマ  | コメント : 7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。