スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

等身大のゆず

2011/05/08 02:45

ブログを書くようになって、いろんな方たちのブログに訪問していますが、最近は、長男ゆずやゆず友のブログにも訪問するようになりました。

彼らのブログを毎日訪問し、更新している記事を読む度に、大人にむけての経験値がどんどん上がってるなぁって嬉しくなります(*/∇\*)♪。

次の文章は、長男ゆずのブログ記事です。

「コピペしてお母さんのブログに載せていい?。」

と言うと快く了解してくれたので、親ばかかもしれませんが、記事にさせてもらいました。

yuzu59.jpg

--止まっちゃダメ--

ここ数年で、自分の我や信じている思想・信念、正義みたいなものを貫こうとして、結局みんなが離れていった…という人を何人か見ました。

その人達に共通して言えるのは、自信過剰だったり我が強かったりで、他者との関わり方を変えようとしない人達であるということ。

自信を持って他者と接するということは素晴らしいことだと思いますが…

自信を持ちすぎて何かと理由をつけながら「自分は間違ってないし悪くない、悪いのは周りだ」と思ってしまうのは傲慢でしょう。


どんなに人生経験が豊富でも、どれほど高尚な思想を掲げていても、

結果として周りが離れて辛い思いをするだけなら意味がないとしか言いようがありません。



しかし、反対に自分を変えることができる人も何人か見ました。

今私と関わっている人は、そのように良い方向へ自分を変えられる人達です。

変わると言うのは人と関わるために無理をして人格を変えるとか、決してそんなんじゃなく、

節目節目で自分を省みて、他者とよりよい関係を築いていけるという意味です。

「自分は正しい、なのになんでみんな分かってくれないの?」

↑こんな経験ありませんか?

そういう時に見方を変えたり、自分を省みたりすることで分かってくるものもあると思うんです。。。


説教臭くなってすみません…

私もまだまだ人として未熟ですし、全く人のことを言えた義理ではありませんが、だからこそ反省を繰り返しながら成長していきたいな。。。と、最近思うのです´・ω・`


もう自分は一人の人間として充分に完成している。何も変える必要はない。

と、プライドやこだわりを持ったまま「そこ」で成長を止めてしまう人は、
結局「そこ」までの人なのかな?と思います。。。

yuzu59.jpg

私もいい年齢になったし、もうこのままでいいと止まったままの生活に満足をしていました。なので、この記事を読んだとき少しドキッっとしました。

ゆずに、優しく耳元で語られたようなそんな気持ちになりました。





続きを読む »

スポンサーサイト

子供が書いたもの  | コメント : 5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。