スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

続・コイスルオトメ

2011/05/15 15:38

我が家のコイスルオトメが、今朝は、バンドメンバーと練習するためのスタジオ見学に行ってくると朝から出かけました。
昨夜から、

「どんな服を着て行こ~う(*p_q*)。」
と悩む次女いちごをつれて、自分の部屋に連れて行った長女りんごが選んでくれた服を着て、リビングに下りてきました。

「スタジオに行くんなら、甘~い服よりも、大人っぽくしていく?」
って決めたそうで、黒のジャケットを羽織ったいちごは、少しお姉さんになっていました。私たちや長男ゆずに見せて、

「どぉ?」
って不安そうな顔をしています。ゆずが

「いいんじゃない?。大人っぽくてスタジオ行くにはぴったりだね。」
と言う言葉にほっとして、今朝は、彼女が一番に合ってるポニーテールにして出かけました。

出かけた後、キッチンで後片付けを手伝ってくれながら、三女かりんが、

「いちご、めっちゃ楽しそうだねぇ~o(^o^)o。」
と、自分のことのように喜んでいました。私はそんなかりんの様子が嬉しくて、

「人の楽しみも、もちろん、しんどいって思うこともね、同じ数みんなにあるから、かりんにも同じような楽しみが必ずやってくるからね~。」
って言うと、かりんは、将来やってくる自分の楽しいを想像したのか、嬉しそうでした。

うちの子たち、人に自慢できるようなところはありません(キッパリ。ですが、唯一自慢できるとしたら、私が人の感情で一番苦手な『やっかみ』という感情が無く、もちろん羨ましいと思う心はあるみたいですが、でも、友達の成功や兄弟の喜びを自分のことのように心から喜んでくれるところです。そういう姿を見ると母として素直に嬉しいです。それは、私の友にも共通してるところです。

さて、バンド仲間と朝からすごしてる我が家のコイスルオトメさん。いったいどんなお土産話を持って帰ってくれるか楽しみです。

朝、でかけるいちごを、慌ててパチリと撮った1枚です。
        P1020154_convert_20110515145201[1]2011515
ドアを開けた途端、輝く朝日にいちごの姿が吸い込まれていくように見えました。
光の中のいちごが、まるで、手を離れていく未来の娘にみえて、嬉しいような、少しさみしい…そんな気持ちになりました。


<子だくさんブログランキング>

スポンサーサイト

日記  | コメント : 7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。