スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

外出禁止(かも?)

2011/05/17 02:01

「週末は、外出禁止だな。」
主人が、冗談とも本気ともとれる言葉をいつもの調子で穏やかに私に言いました。

いちごとかりんの門限は17時。早いです。もう小学校でもないんだから、そろそろもう少し遅くてもいいかなって思いつつこのままにしているのは、17時より遅くなると思ったら電話をいれてくれるので、それで譲歩していたからというのもありました。どこにいて、いつ頃帰るのかということを知りたいだけなのです。

いちごが帰ってきたのは、19時半を回っていました。
いちごは、もうわかってるはずと思いつつ、静かに言いました。

・出かけるとき、17時には帰ると言ったのに、電話をかけてきたのが18時をすぎていたこと、それからの時間がかかったこと。
・楽しむことはいいけど、高校生がする第一を忘れてほしくないこと。
・今日はお父さんが単身先に向かう日、お父さんが出発するまでに遅くとも帰ってきて欲しかったこと。

自分の言った事、そしてルールは守って欲しかったのです。そして私的な気持ちが入ってる特に3つめ、私はいちごは遅くなっても、必ずこの時間までには帰ってきてくれると思っていました。この時間までに帰ってきてくれたら、きっと遅くなったことにもこんな風に改めて言うこともなかったでしょう。主人が単身赴任になって、毎週続いたみんなのお見送りは、昨日初めてストップしました(´・-・。)。残念だったと静かに伝えました。

いちごは、黙ったまま、2階に上がって行きました。
                                    itigobando516.jpg
11時をすぎて、お風呂から出たいちごをよびとめ、

「で?楽しかった?。」って聞くと、

急に泣きだし、まず謝ってくれました。
十分反省しています。もう帰ってくるときから、きっとドキドキしていたはずです(*´・ェ・a)。

そして、本当は一番言いたかったことが、溢れるように笑顔とともにでてきました。

スタジオというから、テレビでみてるイメージのスタジオを想像していましたが、いちごが行ったスタジオは、児童館の中にあるそうです。ギターを担当する子が、子供の時から利用していたので、中の係の人とも仲が良く、無料で使用できるらしいです。児童館なので、小さい子が出入りするのが可愛かったと話していました。

人前で歌ういちごを慣らすために、夏休みは、ここで、子供たちのために子供を集めて歌を歌ってみてもいいねという計画もたてたらしいです。アニソンとか、童謡など、子供の好きそうな歌を選んで歌うという企画を、私はとてもいいと思いました。

「生の演奏で歌うことが、こんなに楽しいとは思わなかった。4時間以上歌い続けたけど、楽しくて仕方なかった。」
といちごの目はキラキラしていました。

児童館には公共の交通手段がなく、バスがあったのかもしれないけど、歩いて行ったいちごたちは、最寄りの駅から1時間かかったそうです。どんな田舎!って驚いた私に、本当に田舎だったって言ってました。だから電話をかけてから帰ってくるまでに時間がかかったのですね(´・ω・`;)。

そしてそろそろ寝なきゃって2階に戻るいちごは、伝えたい言葉を全部話し、すっかりいつもの明るいいちごになっていました。リビングのドアを開けながら振り返り、明るい笑顔を私に向けて、

「明日、お弁当いらないからねぇ。」と言いました。

「なんで?。」

「明日から、中間テストだから、午前中で帰るから~。」

ちょっっ!!(TwT|||)

・・・・・・・・・。


<子だくさんブログランキング>

スポンサーサイト

日記  | コメント : 8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。