スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

水田と自転車

2011/05/22 16:11

昨日ブロ友さんのブログで、自分が子供だった頃に肥溜めに落ちた、という内容の記事を読んで、思わずコメントもしたのですが、私も、今になっても、忘れられない思い出があります。はっきりと覚えています。

私は田舎育ちで、それもかなりの田舎です(´・ω・`)。

小学校の時の遊び相手は、だいたいが一歳上のあっちゃんと、その仲間達でした。

彼らが、かなりの下り坂を、自転車のブレーキをかけずに、どこまで行けるか!という遊びをしていて、私も参加してました。スピードとスリルがたまりませんでした。

下り道の終わりに、ゆる~ぃカーブがありますが、それくらいへっちゃらでした。何度も何度も同じことを繰り返し、何度目かで、そのカーブを曲がりきれず、目の前の水田に、自転車もろともズボッと落ちました。

高さは、1mくらいでしょうか。落ちていきながら、回りの風景がゆっくりと見えたことを、何十年もたった今でも覚えています。今頃の時期でした。田んぼは、田植えをして少したったところで稲は少し伸びていました。水を張った水田で助かりました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

田んぼの上にあるお家にいたおばちゃんが、

「あんずちゃ~~~ん」
と言って駆け下りてきてくれ、私を抱き起こし、自転車を引いて家に連れて帰ってくれました。
泥水で体中汚れた私に、おばちゃんは、

「姿が一瞬に消えて、何が起こったか最初わからなかったよ。」
と言って笑いました。

母に叱られると思ってたけど、母は笑顔で、おばちゃんにお礼を言い、私の泥だらけの体を水道水で洗い流してくれ、すぐにお風呂を入れてくれたのを覚えています。叱られませんでした。

そこでその日の記憶はストップしていますが、登下校で、私が落ちたその田んぼの稲が、私と自転車の形だけ、折れ曲がってるのを見るたびに、自分の愚かさを見るようで心が折れそうでした(´・ω・`)。その日以来、その遊びは二度としませんでした。数日たつと、その部分も他の稲と変わらないくらいぐんぐん育って、気がつくと、全くわからなくなってました。ほっとしました(*´・ェ・a)。


そして、私も母になり、長女りんごが小学校の時です。

そろそろ帰る時間だなぁって思ってたら、チャイムが鳴り玄関を開けると、見知らぬおじさんとりんごが立っていました。

おじさんは、
「この子、田んぼに落ちてね、怪我はなさそうだけど見てあげてな。外に自転車も持ってきてるからね。」
と言い、
「お礼を後日にしたいので、お名前を教えてください。」
と言う私に、おじさんは笑顔で、そんなのいいからと手を振りながら帰られました。

りんごはしょんぼりしてました。怪我がなくて本当によかったです(p_q)。
その時に、私は、泥だらけになった当時の私を水で洗い流してくれた母の優しい気持ちを知るのでした。
                                       zitennsya522.jpg
<子だくさんブログランキング>

スポンサーサイト

私が子供の頃  | コメント : 7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。