スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

雨の日に思う

2011/05/24 16:02

昨日、今日とすごい雨でした。
もう、気持ち的にも、のんびりしてね♪モードなので、昔大好きだったドラマERのビデオ鑑賞をしていました。(→以前の記事

何度も何度もみたのに、何度見ても面白い(*´ω`*)。
グリーン先生(アンソニー・エドワーズ)がやっぱりいいです。『トップガン』で主演のトム・クルーズの親友役をした俳優さんですが、きっと若いお母さん方には、わからない映画‥なのかもしれません( *´艸`)♪。


私には病気なんて無縁と思っていました。
自然の中で子供時代に元気に野山を駆けまわっていたせいか、体力もあり、スポーツもなんでも適当にこなせる自信もありました。元気すぎて左腕を2回折ったくらいです…ヾ(・_・;)‥。

ERをよく見てた私は、CT検査とかMRIとか耳なじみになっていましたが、30代半ばで病気になってから、それらERで出てくる検査をだいたい受けてきました。医療技術のすごさに驚き、その検査を受けてる自分に驚いたものです。

手術を受けて、めざましい回復をとげ、早過ぎる退院だったのでしょう、家に帰って翌々日から、高熱が出ました。すぐ病院に行き、私には4人の担当医師がいましたが、その一人の先生に
「腰椎穿刺(ようついせんしゅ)をしましょう。」
と言われ、焦りました((((;゚Д゚))))。背中を先生に向け、背骨に注射し、髄液をとって、感染症がないかを調べる検査です。

ERで、何度も見たことのある腰椎穿刺。その手技をみてるだけで、
「うわぁ患者さん痛そう…」
なんて人事のようにドラマの中の患者さんに同情してましたが、それが自分の身にまさかふりかかると思ってなかったので、気持ちを平静に保つことにその時は集中しました。

ERを夢中になって見たのも、ここにつながっていたのかもしれませんね( *´艸`)ププ♪。結果は異常なしだったので、そのまま自宅に戻り3日ほど休んでいたら熱は下がっていきました。退院した翌日に、お見舞いに来ていただいた人たちへの内祝いを買いにデパートに行ったりしたのが、いけなかったのでしょう。自分の元気を過信して、退院後すぐ動き回ったりしたらダメですね(*´・ェ・a)。


このブログを書いてるたった今も流れているERで、C型肝炎になったドクターアシスタントのジェニーが友に話してる台詞が聞こえてきました。
「C型肝炎になった時はなんで自分が?なんで私にばかり?と、不運を恨み続けた。でも、しばらくしてわかった。これは神に与えられた試練。大事なのは、自分に何が起こったかじゃなくて、それにどう立ち向かうかなの。その道は自分自身で選ぶのよ。自分のために起きたことなの。」

彼女は病気になって苦悩し続けますが、ようやくこの台詞が出るまでに自分を持っていき、素敵な笑顔で話しています(*・ ・*)。
今の私には、彼女のこの言葉がとてもよく理解できます。


今日は久しぶりに見ていたERで、また病気のことに触れてしまいました。短い記事にしようと思ったのに、また長くなっちゃってすみません。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ぁ、そうそう、余談ですが、グリーン先生演じるアンソニー・エドワーズにも、4人の子供がいるそうです。

そして、

私も子供の時、左腕を2回骨折したと書きましたが、次女のいちごは、左足を2回骨折したことがあります。ほんとに……田んぼに落ちた長女りんごといい、骨折した回数まで同じ次女いちごといい、親子って似るのですね…こんなとこまで似なくていいのに……ねヾ(--;)なんてことを、雨の日に思った今日でした。




続きを読む »

スポンサーサイト

病気  | コメント : 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。