スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

埋められない距離

2011/02/08 09:16

なんででしょう?。今朝、思い出したくない記憶がふと蘇りました。ぁー今日の記事はこれにしなさぃってことなのかなと思い、今PC前に座っています。

                      imagesCAR0OEIM_convert_20110208091804[1]_convert_20110208092231[1]15

小1のいちごは、学校に行くのがとても楽しそうでした。帰宅したら、お友達と家を交互に行き来して、お友達との関係も良好で楽しそうな毎日でしたので、いちごに関してはなんの心配もしていませんでした。1学期は何事もなくすぎ、2学期になり、風邪が流行りだした頃、いちごも風邪をひきで熱がでたので3日ほど学校を休みました。休んだ初日、担任の先生からお電話をもらいました。てっきり心配されてるとの電話だと思ったのですが、先生はいきなり

「本当に風邪ですか?。」

と言いました。担任の先生は50歳前くらいの学年主任で女性の先生でした。

耳を疑いました。そうですと言うと、

「ちゃんと夜寝させていますか?。」

今は風邪ひきでずっと寝させていますが、普段は、21時にはベットに入るようにしています、と言うと

「お兄ちゃん今学校来られていませんよね。休みだすと癖になりますからね。」

ぁーだからかと思いました。ゆずがその年の1学期から学校が行けなくなってました。

私は先生に
「兄は確かに今学校に行けていませんが、兄といちごは違います。別に考えてもらえないでしょうか?。」

と努めて明るく言葉には配慮したつもりで電話を終えました。

風邪が治って登校し、帰ってきたいちごが言いました。
「今日はしんどくて、お昼休み外に行かなかったら、先生から昼休みが終わるまで漢字の書き取りしなさいって言われてず~と漢字のかきとりしてた。その間席も立ったらいけないと言われて辛かった。」

「・・・・・。」

それからの、時々もらす小1のいちごの言葉に、胸が痛む時がありましたが、先生の方には何も言いませんでした。先生に向けて親の私が何かを言って、お互いに不愉快になった時、その後も続く学校生活において1番辛い思いをするのは、誰でもないいちごだと思ったからです。でも、その日が来たのです。

2学期の個別懇談。明るくいつもお世話になっております、と言って座った私に先生は、椅子の背に体を預ける格好で、腕を組み開口1番

「私は、いちごさんを、よう見ません。」

(ぇ?)耳を疑いました。びっくりしてる私に先生は、

「いちごさんを、私はどうあつかっていいかわかりません。」

私は
「ちょっと待って下さい。先生は学年主任をされていて、これまでたくさんのお子さんを見てこられていますよね。」

先生は
「いちごさんは、泣くんです。B子ちゃんに同じことを言ってもケロっとしてるのに、いちごさんは泣くんですよ。私は、もう、よう見ません。」

よう見ませんの繰り返し……私は
「先生、私はいちごが他のお子さんと比べ劣ってると思ったことは1度もありませんが、それは親のよく目なのかもしれません。もし、先生の言われるようにいちごがどうしようもない子だったとしても、学年主任までされてる先生が言う言葉でしょうか?。ご両親と協力しあって、いちごさんを一緒にみていきましょう。くらいの言葉があってもいいんじゃないかと思います。」

最後の方は涙で声が震えていました。

「もう、ようみないんですよ。」

ようみないの繰り返し……まだ3学期が残ってるし゚+.(*´pωq`)゚+.

短い沈黙の後に私は
「わかりました。私も先生が担任だということを諦めます。先生も諦めて下さい。まだ3学期があるので、私も可愛いいちごを、ようみないと言われる先生の元に登校させるのが、とても辛いですが仕方ありません。先生も我慢して年度末まで諦めて下さい。」

そう言って席を立ちました。家に帰る途中、声を出さずに泣くのが精一杯でした。ようみない と言う先生の言葉がわかりませんでした。いちごはとても明るい子で、人に迷惑をかけるような子でもなく、大人の言葉を素直に聞ける子でしたから、先生からの泣くからようみないというまさかの言葉にとても動揺しました。

今思うと、私もまだまだ若かったな~と思います。今ならもうちょっと言い方を変えてうまく流せてたと思いますが、その時は、そう言っちゃったんですよね…(´・ω・`;)。

翌日から、いちごを登校させるのが、辛かったです。ようみない と言う先生の元に向かわせないといけない残酷な現実。だけど、いちごの方がもっと辛いに決まってる、と思うと、先生に向けて最後に言った言葉をとても後悔しました。ですが、その後は何事もなく(あったのかもしれませんが)、その学年を終えることができました。長い3ヶ月でした。小1の時だけで、その後のいちごは褒められることはあっても、ようみないと言った先生はひとりもいませんでした。

親も子どもも、担任になる先生を選べません。担任になる先生方も、親と子供たちを選べません。相性というものが、どう努力しても埋められない距離を作ってしまうこともあるかと思います。ですが、社会にでたとき、あわない人がいても、私あの人あわないからといって、お付き合いを放棄するわけにはいきません。あわない人であっても、その人を理解しようとする気持ちをもって、折り合いをつけながらつきあっていくという術を子供の頃から教える場所が、学校でもあると思うのです。
そして、お互いに、どう努力しても埋められない相性の場合でも、そこは学校。先生と親が、協力し合い、子供を教え育む場所だと思うのです。

その先生に、14歳の時に書いたいちごの作文を読んでもらいたいです。

       あなたが「ようみない」と言った生徒の書いた作文です と……。





この記事、投稿しようか悩んでる私がいます。ですが、勇気を出してえぃっ!゚.+(〃ノωノ)゚.+°。

スポンサーサイト

つぶやき  | コメント : 8

コメント

No title

あんずさん、おはようございます。
読んでいて、涙で画面が見えなくなりました。
まだ泣いてます。
なに?その先生!!
ムカつく~~~っ!!!
心が病んでますね。。
それなのに、凛とした姿勢のあんずママさんに感動です。
話してくれてありがとう。
ありがとう。。その一言です。

| 2011/02/08 |  10:51 | ai #- |  URL | 編集 |

>aiさん

コメントしづらい記事にさっそくありがとぅ。:゚(。ノω\。)゚・。。
今でもね、その個別懇談の時の風景ははっきり覚えてるの。座った位置とか、机の高さまでね( *´艸`)♪。先生の言った言葉もなぜか、一言一句覚えてるの。不思議だよね。
「泣くからようみない。」しか言わなかったの。記事のまま…泣くお子さん今までにいなかったのかなぁ~。今思い出しても、申し訳ないけど理不尽な先生という記憶しかありません。
ま、勉強させてもらいました!って意味では、いい出会いだったのだと思います。ヾ(・_・;)‥タブン

| 2011/02/08 |  11:58 | あんず #mQop/nM. |  URL | 編集 |

No title

「ようみない」って意味わからないですね!
私だったら校長直談判とか教育委員会に相談とかでことを大きくしてしまいそう。
指導力不足の先生として研修し直してこい!って感じ。
子ども一人一人と向き合えない先生だったのかしら?
同じこと言ってもみんな同じ反応をするとは限らないのにね。
その先生はきっと今の小1のクラスはまとめられないね。
どうしても先生のいうことなんか聞けない子ども、増えてるって聞くもの。
それにしたって「ようみない」宣言はありえない!!
あんずさんのタンカ、かっこいいです~!
信用の出来ない先生の元に子どもを送り出すのって、本当に心配だったと思います。
しかも1年生で!
お話しして下さってありがとう。

| 2011/02/08 |  12:29 | みーと #.ywgQe3Q |  URL | 編集 |

No title

私も泣けてきました・・・切なかったですよね。
そういう心の傷みたいなものは時々ふと思い出してもチクチク痛むものだと思います。
でも、ちなみに今のみいちゃんの担任の先生、苦手です・・・
多分、みいちゃんを良く思ってないだろうなって感じます。
私の場合は、面談の時に可哀想を連発されたんです。
4人兄弟の長女で母親が下の世話に追われてるから可哀想・・・
親の自分から言うのもなんですが、みいちゃんはいつも弟妹(ゆうくんの誕生の時はいまいちわかってなかったけど)の誕生を心から喜んでくれてます。お手伝いも良くしてくれるし、私は勉強ができるよりも大切なことを学んでくれてると思ってます。
宿題の丸付けを親にさせる先生なんですが、普段かまってやらない分、宿題くらい見てやらないとって言われました。
丸付けには疑問を感じてましたが、毎日きちんとしてましたけどね。そのくらいしてやらなきゃ可哀想だと言われました。
私が何を言っても可哀想しか言いませんでした。そして、勉強やスポーツがのんびりの成長でも見守っていくと言った私に対して、親が諦めたら可哀想・・・でした(+_+)
私は相手にするのやめちゃいました。この人には何を言っても無駄だって・・・諦めちゃったんです。
でも、いちごちゃんの為にきちんと先生に言うべきことを言えたあんずさん、かっこいいです。
私も言ってやりたかったです(+_+)
私はみいちゃんに聞いてしまいました・・・『下の子がたくさんいるみいちゃんって可哀想?』って・・・家にかえってからもずっと可哀想が消えなくて・・・
みいちゃんは『え~っ?みんないいなぁって言ってるよ~♪ゆうくんやちいちゃんやゆっちぃがいない毎日なんて思い浮かばない!』って答えてくれて、やっと吹っ切れましたが・・・
教師って聖職みたいなイメージがあったんですけど、先生も所詮人なんだなあってがっかりした出来事でした。
自分の話ばっかりでごめんなさい!!
とても共感しちゃったので・・・

| 2011/02/08 |  12:43 | ロキロビ #- |  URL | 編集 |

>みーとさん

私の代わりにみーとさんが怒ってくれてるみたいで、嬉しい。:゚(。ノω\。)゚・。。
その時のことは鮮明に覚えていたので、一気に書き上げたけど、投稿するまでにかなり時間がかかったのです。本当は変な親子だったんじゃないの~って思われるんじゃないかなって思ってね。すごく勇気がいりました。
母の立場で読んでもらって、救われました。こちらこそ投稿した不安な気持ちをホッと安心させてもらい、元気のもらえるコメントでした。ありがとう。・゚(´pωq`)゚・。。

| 2011/02/08 |  13:13 | あんず #mQop/nM. |  URL | 編集 |

つらかったですね。

涙が止まりません。
忘れたくても二度と忘れられないですよね。
そして、いちごちゃんにもそういう態度を示したであろう先生が許せない気持ちでいます。
親子ともに強く、3ヶ月学校へ通ったこと通わせたこと。
えらいなあって思いました。
私なら、本当にもっともめてしまうでしょうし先生を責めてしまうと思います。先生が辞めるべきだと言ったと思います。
いろんな子供がいると思います。大変なときもあるでしょう。
でも、先生と呼ばれる以上先生であるべきなんです。
最近の先生はとても頼りないし、先生としての自覚がない人が多い気がしてなりません。それでも、それも社会勉強だと思って親は送り出すしかないんですよね。
長々とすみません。
つらいことだったのに・・・
ありがとうございます。

| 2011/02/08 |  13:57 | お天気ママ #0aU95Snw |  URL | 編集 |

>ロキロビさん

まず、みいちゃんは、とても幸せだと思います。可哀想であるはずがない。幸せいっぱいじゃないですか♪。それはロキロビさんからのブログからも十分伝わって来ています。先生の言う可哀想の意味が理解できませんねヾ(--;)。
>>勉強やスポーツがのんびりの成長でも見守っていく
 ↑私も、全く同感です。この言葉のどこが諦めなの???。
そして、
>>いちごちゃんの為にきちんと先生に言うべきことを言えたあんずさん、かっこいいです。
 ↑これは、そう言ってもらって、とても嬉しいのですが、たった今思ったのですが、いちごのために言ったんじゃなくて私のために言ったのかもと、ロキロビさんのコメントみて思いました。:゚(。ノω\。)゚・。。ほんとにいちごの為を思うなら、ロキロビさんのように、それが諦めからきたことでも何も言わず黙っていたほうがよかったのじゃないかと今反省しきりです。ロキロビさんの方がかっこいいです。強い母です。気づかせてもらいました。ありがとう。
>>教師って聖職
 ↑私も全くそう思っていました。もうね、ロキロビさんの言葉の全てを理解できるから不思議。ブログという媒体を通してだけど、出会えたことが必然のような気までしてきました。これからもよろしくお願いします♪。
4人の子供がいたら、子供の人数分先生との出会いもあります。私は後1人の先生において「……」の先生がいるのですが、それを記事にするかどうかはわかりません。ですが、中には、誠実で、本当にこの先生に出会えてよかったと思える先生にも出会えます。
そして不思議なのですが、中学からの先生はどの先生も素晴らしく、「……」の先生は一人もいませんでした。感謝の気持ちしかありません。
ロキロビさんは、自分のスタイルに自信を持って、何を言われても、今のスタイルを崩さず貫き通して下さい。だって、とっても素敵なお母さんだし、子供たちなのですから。
可哀想と言う上から目線の言葉を言われる先生こそが、可哀想なのじゃないかと思います。

| 2011/02/08 |  14:12 | あんず #mQop/nM. |  URL | 編集 |

>お天気ママさん

もし、自分とはどうしてもあわない……と思う先生に出会ったときに、あんずはあんなことがあったなぁって思い出して下さい( *´艸`)。
先生とも、学校とも、トラブルを起こしたら、それからも続く学校生活がしんどくなると思い、んーーと思ったことも黙ってやりすごしていましたが、個別懇談での「ようみない」発言にはついに爆発しちゃいました。反省しきりです(p_q)。
読んでもらってわかったと思いますが、学校は親が通うところではなく、子供たちが通うのですから、親は冷静になって、慎重にお付き合いするほうがベターだと学びました。
頼りない若い先生もおられますが、経験が足りないだけで、先生という職業を選ばれてる限り、それなりの志もあってのことと思うのです。子供たちは、先生に学び、先生も子供たちに学んでる姿をみることができた時、それはそれで微笑ましい姿として見えることもあります。
私が「……」と思った二人の先生は、どういう訳か、経験の豊富であるはずの学年主任で女性の先生でした。教師は経験ではなく、その人となりが教師としての態度として出るのかもしれません。
辛い出来事でしたが、こんな風に、時間がたってから気持ちの整理ができるのも、お天気ママさんや他の方のコメントのお陰です。私の立場になって、コメントくれたお天気ママさんありがとう。本当に救われました。これからもよろしくお願いしますネ。:゚(。ノω\。)゚・。。

| 2011/02/08 |  14:44 | あんず #mQop/nM. |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。