スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

手術の朝

2011/03/14 01:19

突然くるその痛みに、私はいつも怯えていました。

最初の病院では死ぬまで付き合っていかないといけない病気と言われ、私は日々強くなるこの痛みに、これから先耐えて生きていけるだろうかと自信がありませんでした。我慢できているのは私を必要としている4人の小さな子供たちがいるから…、そして、子供たちはどんな強い痛み止めよりも、痛みを忘れさせてくれる存在でした。

それが、もはや薬でおさえられなくなってきてると自覚した時、すがる気持ちで2番目の大学病院へと主人に連れて行ってもらい、そこで、手術すれば治ると言われたとき、信じられませんでした。目の前に将来への光がみえたようでした。。・゚(´pωq`)゚・。。

私は手術の日が待ち遠しくて仕方ありませんでした。今なら、それを知ったことで尻込みしそうな術前検査も平気で受けれました。手術したら、痛みのない生活に戻れる。また、病気なんて無縁だった健康だけが取り柄の自分に戻れると思っただけでとてもワクワクしました。

もしもの時のために、大人になった子供たちに読んでもらうため手紙も書きました。準備は万端です♪。


そして待ちに待った手術の朝。

主人は朝早くから来てくれていました。

「やっとこの日が来た。嬉しい♪。」
主人と笑顔で会話ができる自分をたくましいと思いました。

入院したその日からいつも寄り添って温かく励ましてくれてたインターンの女の先生も病室に来てくれました。
そして、背中が全開の頼りないくらいの薄い術衣を素肌にまとい、私は、ストレッチャーに横になりました。

時間が来て、主人に

「じゃ、行ってくるね。」
と笑顔で小さく手を振り、主人も笑顔で送り出してくれました。

病室を出て、手術室までの流れていく天井を見ながら、突然涙が溢れてきました。

ぇ!?

人前では泣かない私が、大粒の涙を滝のように流しています。目の両方に流れていく涙の温度も速さも感じました。どこからか持ってきたテッシュで、インターンの彼女が涙を拭いてくれました。拭いても拭いても次から次へと溢れる涙をず~とふいてくれました。

濡れたテッシュが彼女の白衣のポケットをいっぱいにしてるのを見たとき、ようやく私は

「おかしいな……私、手術とても楽しみにしてたんです。なんでこんなに涙が出るんだろう…。」

私は精一杯の笑顔で話しているはずなのに、その言葉たちは涙のせいで途切れ途切れでした。

彼女は、

うん、大丈夫ですよ。」
と言い、優しく微笑みながら涙をふき続けてくれました。

手術室まで数分ですが、とてもとても長く感じました。

涙の止まらない私のすぐ横で、麻酔科の先生が声をかけながら左手の甲に血管注射をいれ、マスクのようなものが口にあてがわれて、意識が遠のくその時に、私は知ったのです。

私は、本当は、心の底から手術に怯えていたのだと……。 
                                        image[1]syuzyutu

今、痛みや苦しみそして不安な日々をおくっている人々が、怯えるこのとない日常が1日でも早く来ますようにと、心から願い、祈ります。

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様、そのご家族の方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

病気  | コメント : 7

コメント

No title

おはようございます。
あんずさん、手術当日の不安
経験した本人しかわからないですよね。
痛みもそう。
辛そうと思いながらもまわりは結局何も出来ません。
大丈夫?頑張って・・・・
それしか言えなかった。

私は経験したことがありません。
だから、経験した強さって計り知れないのだと思います。

今、痛みや苦しみそして不安な日々をおくっている人々が、怯えるこのとない日常が1日でも早く来ますようにと、心から願い、祈ります。
>本当にそう思います。

| 2011/03/14 |  08:12 | お天気ママ #0aU95Snw |  URL | 編集 |

No title

私は 手術をした経験といえば・・・ まぶたに異物が出来たときに眼科で とってもらったときぐらぃでしょうか・・(ものもらいと別物でした)

何じゃなぃと分かっているのに・・足がガクガク震えました。一生懸命手で足を押さえていたのを 今でも覚えています。

そんな 私以上に 不安なことを経験しているあんずさん・・ 頑張ったんですね。

今尚、頑張っている人が 大勢います。 
今朝 ラジオで 「今私にできること」って歌が流れていました。一人じゃないって 言葉が胸に響きました。
あんずさんも 手術のとき 一人じゃなかったんですね^^ヨカッタ。

| 2011/03/14 |  10:26 | ゆめたる #- |  URL | 編集 |

No title

あんずさん、こんにちは。
手術へ向かう、あんずさんの心境、とてもよくわかります。
手術の内容は違いますが私にも経験があるので。。
私も手術室へ向かう途中、涙が止まりませんでした。
麻酔で眠っている間、私の頭の中では子供達がキャーキャー遊んでいました。

日本中が苦しみや不安、悲しみに包まれていますね。
1日も早く平穏な日常が戻る事を私も祈っています。

| 2011/03/14 |  11:13 | ai #- |  URL | 編集 |

大きな手術をされたんですね。

 私には全身麻酔をされるほどの大きな手術は経験ないので、自分一人ではない、大切な家族がいるからこそ怯えていたあんずさんのお気持ちは想像することしかできませんが、手術が無事に成功してお元気になられて本当にうれしいです。

 今現在、たくさんの人たちが心細くされている中であんずさんがあえてこのことを書いてくれたのもうれしいです。

 私自身阪神淡路大震災で被災しているので現地の人たちのことを思うと心が痛いです。
 ブログにも少し書いていますが被災された皆さんの暮らしが一日でも早く復旧できますように。
 一つでも多くの心の不安が取り除かれていきますように。
 
 今、私にできることをしていきたいと思っています。

| 2011/03/14 |  12:27 | ナウシカアコ #- |  URL | 編集 |

No title

>お天気ママさん
私がお天気ママさんが大好きな理由が、コメントに溢れています。
痛みや不安は経験しないとその本当はわからないですよね。でも、わからないけど、理解しようとしてくれる気持ちだけで、十分なんです。
私の今となっては過去になった痛みや不安ですが、お天気ママさんに絶対経験してもらいたくありません。
コメントとても嬉しかったです。ありがとう。・゚(´pωq`)゚・。。




>ゆめたるさん
手術に大きいも小さいもなく、恐怖も不安もきっと同じ。ガクガク震えていたゆめたるさんを愛おしく思いました。

≫あんずさんも 手術のとき 一人じゃなかったんですね^^ヨカッタ。
↑またしても、鳥肌!。きっとそう!。私には主人と4人の子供たちの存在があったからこそ元気に再生できたのだと思います。
テレビで、家族の再会する姿を見るにつけ涙がとまらない私です。愛する家族がどうか1秒でも早く再会できますようにと願うばかりです。



>aiさん
aiさんに、何気カミングアウトさせちゃった?(;゚д゚)ゴメンヨ。
私は麻酔間の記憶無いんです。麻酔かかった次の瞬間に麻酔から覚めたような感覚があるんです。眠っていたのは数分のような…だけど、12時間以上の時間が経っていました。

テレビの中の現実に自分の身を置いてみたら、とても怖くて、でも現実に身にふりかかってる方々もいて、その方々の気持ちを想像しようにも、到底追いつきそうにありません。・゚(´pωq`)゚・。。
>1日も早く平穏な日常が戻る事を私も祈っています。
↑ね。




>ナウシカアコ
≫今現在、たくさんの人たちが心細くされている中であんずさんがあえてこのことを書いてくれたのもうれしいです。
↑このコメントとても、嬉しいです。ありがとう。:゚(。ノω\。)゚・。。

≫私自身阪神淡路大震災で被災しているので現地の人たちのことを思うと心が痛いです。
↑被災してると言う事実が重いです。ナウシカアコさんの懐の大きさはこういう経験からもあるのだなぁと思いました。
コメントのひとつひとつが心にとても響きました。本当にありがとぅございました。


| 2011/03/14 |  15:04 | あんず #mQop/nM. |  URL | 編集 |

No title

あんずさん、こんばんは。
予定していた停電も起きず、余震も夕方を最後に今は
落ち着いています。
あんずさんの辛さ、怖さ…そして痛み…
こうして仲良くなって大好きだからわかりたいけど
それは想像でしかないんだろうなって思います。

ロキロビは20代の時にやはり激痛と闘っていて原因が
わからないまま数年が経って病院を転々として最後に
リウマチと診断されて一生治らないって言われました。
左手の指が1本変形してるんですけど、それはひどくなる
だけ…って言われました。でも、みいちゃんを産んでから
痛みの頻度が遠くなり…
ちいちゃんの産後に再び痛みが辛く受診した病院でリウマチ
ではなく、関節の変形だけと言われました。
その時の痛みの原因は腱鞘炎でした。
体質で関節、弱いみたいです。それを知るまでに10年以上
かかりました。

だから、自分の痛みと病気が一生治らないって思った時の
気持ちだけはわかるかもしれない…病気の事を学ぶための
本を買って読んでは恐怖を感じて…
当時の私は独身だったけど、子供を持ってからは自分の体
に何かあったら子供たちが…って思うと本当に恐ろしく
感じます。だからきっと私よりもあんずさんの恐怖や不安は
大きかったと思います。

あんずさんは頑張って乗り越えたのですね。
今のあんずさんが痛みがなく幸せで良かった…

涙を拭いてくれた先生の優しさにロキロビまで癒される気が
しました。
そして、一番、怖かった夜、あんずさんのコメントに励まされ
て癒されたロキロビです。
ありがとうございました。
コメントが長くなってごめんなさい。


| 2011/03/14 |  21:15 | ロキロビ #- |  URL | 編集 |

No title

>>そして、一番、怖かった夜、あんずさんのコメントに励まされ て癒されたロキロビです。
最近ちょっと夜更かしな私。でも、夜遅くの訪問コメントは失礼かなって思って、…別にブログコメだからいいんだけどね( *´艸`)クスッ♪。だけど、あの日は、ロキロビさんの心がリンクしちゃったのかな。こんな風に表現してもらって嬉しいです。

健康だけが取り柄の私が、突然の病気とかね、人生わかんないなぁって思いました。まぁこれも私に必要だから起こった出来事と受け止めています。
もし、一人だったら乗り越えていけなかった痛みでした。家族がいたからこそ乗り越えた病気だったと思います。
ロキロビさん、一緒に頑張ろうネ(*^▽^*)♪(←なんかわかんないけど、なんか言いたくなった。

| 2011/03/15 |  01:23 | あんず #mQop/nM. |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。