スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

吹雪

2011/05/31 15:25

「お母さん、『吹雪』って話読んだ?。短編みたいだけどね…。」
と晩ご飯の準備をしている私に長男ゆずが言いました。

「宮本輝のでしょ?。読んだよ。家族で富山に向かう汽車の中の話だよね。」

「よくテストに出るんだよね。宮本輝の小説。以前は『途中下車』って話だった。」
『途中下車』は、確か汽車の中で偶然出会った綺麗な女の子をめぐる友人との話だったと思います。

宮本輝氏の小説はよくテストに出るというのを、氏本人も確かエッセイで書いていて、『試験問題になった自分の小説を解いてみたら、さんざんな結果だった。』という内容だったのも覚えています( *´艸`)♪。
そのことをゆずに話していたら、ゆずは、『錦繍』という小説を担任の先生が貸してくれて、今読んでいると言いました。『錦繍』は男女の手紙のやりとりだけで、最後まで物語が進みます。

「お母さんは、ゆず年齢だと『青が散る』とか『春の夢』とか読んでもらいたいところだけど、『錦繍』は、また10年後にも読んでみたらいいよ。きっと今読んだ感想と違うものを感じると思うよ。立ち止まる一行がきっと今と10年後では違うからね~。」
なんてことを話すと

「ぁー、それ、なんとなくわかる…。映画見ててもあるからね。」
とゆず。

そしたら、横から次女いちごも、
「私も今『時生(トキオ)』(東野圭吾著)読んでるよ~。小六の時読んでて意味がぜ~んぜんわからなくて途中で放棄しちゃったけど、今ならわかる。面白いよ。」
『時生』は、息子が過去の世界に行き、若き日の父親を助けるという話です。映画の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいですね( *´艸`)♪。

嬉しいです(*´ω`*)。子供と小説の話ができるようになりました。子供たちの成長を感じます。たくさんの本と出会い、たくさんの見えない財産にして欲しいです。
                       miyamototerusinosyousetu.jpg
<子だくさんブログランキング>

日記  | コメント : 8

ひまわり

2011/05/30 15:42

土曜日に、食事をしてるとき、ひまわりは放射能除去に効果があると言われているらしく、被災地にひまわりを植えているというニュースが流れました。

それをみながら、主人が
「そういえば『 ひまわり 』という映画あったなぁ。」
と言いました。私もタイトルだけは知っています。

「ソフィア・ローレンね。」と長男ゆず。

(どんな映画!?)と思いながら二人の話を聞いてたら、なんでも、第二次大戦でソ連の戦地に向かい消息を絶った夫を探しに行ったら、なんとそこには、助けてくれた女の人と、その女の人との間には女の子もいるとかって話らしぃ…。なんだってぇ(。・ˇ_ˇ・。)と一瞬イラッとしながら聞いていた私に、追い打ちをかけるように主人が

「あの映画を観ていた友もみんな同じこと言ってたな~。ソフィア・ローレンよりその助けてくれた女の人の方が若くて綺麗だなって…。」

なんだってぇぇぇええええЩ(・`ω´・Щ) 
主婦ソフィア・ローレンの立場の私たちにとっては、許しがたい発言じゃありませんかっ!。

「どうせ男子ってさ、結局、若くて綺麗な女の人なんだね……(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)」

という私の言葉でその話は終わりました。男子組は笑ってたけど、私以外の女子組はどんな気持ちで聞いてたんだろ(; ・`д・´)?。oO。

そんな気持ちを引きずりながら、『ひまわり 映画』でググッてみたらこんな動画をみつけました。



あわせて、あらすじを読んでいたら、んー、ただの浮気夫な話だけではなさそうです。会いに来てくれたソフィア・ローレンのところに行こうとする夫をソ連の奥さんは、もう戻ってこないかもしれないと思いつつ送り出すとかあるみたい……。戦争が人の人生を狂わせたのでしょう。ちゃんと見たほうがよさそうです(みないかもしれませんが…。
                     himawarinoegao530.jpg
一面のひまわりきれいでしょうね♪。
日本中に、夏には太陽を追いかけるひまわり がいっぱい咲くのでしょう(*^▽^*)!。



続きを読む »

映画・ドラマ  | コメント : 7

自然の家

2011/05/29 08:24

(日曜日なのに!)今日から三女かりんの中学の2泊3日の自然の家が始まりました。

大雨 です(ToT)。

昨晩、大きなてるてる坊主を作っていたけど、やっぱり台風の影響もある梅雨前線の前には、てるてる坊主も太刀打ちできなかったみたいです(´・ω・`)。

カヌー楽しみにしていたのに、うちわ作りになるんだろうなぁ~(p_q)。生徒たちが一番残念だろうけど、それを思うととってもとっても残念です。

   sizannoie527.jpg 大雨の中笑顔で「行ってきま~す」

寂しがる私に、

「お母さん、会えないのはたった1日だけだから、頑張ってね。」
という言葉を残し、私の右腕のかりんが、大雨の中笑顔で行きました。大きな荷物は前もって学校に持って行ってたので身軽なのがせめてもの救いでした。

雨だけど、いっぱい楽しい思い出を作ってきてほしいです。

早く火曜日にならないかなぁ~。・゚(´pωq`)゚・。。



続きを読む »

日記  | コメント : 8

それでも帰りたいお父さん

2011/05/28 13:44

金曜日、仕事を終えて約3時間かけて毎週帰ってくる主人は、昨日も夜の10時に帰ってきました。もちろん駅までお迎えに行きました。

日曜は珍しく休日出勤で今日の19時のJRで単身先に向かいます。

ぇ!!! l!!!!(゚ロ゚ノ)ノ  24時間家にいないじゃないですか!。

往復6時間かけて、24時間もいないおうちだけど、帰りたいんですね(´・ω・`)。私が逆だったら絶っっっ対帰んないな…なんて思っちゃいました。               ★帰りたいお父さん★
              dennsya526.jpg

JRの駅への送り迎えもう相当していますが、私駅の風景って好きなんです。駅って、いろんな愛が見られるでしょ。恋人同士だったり、親子だったり、夫婦だったり。

最近で心に残ったのは、初心者マークを貼った車で、明らかにお孫さんであろう優しそうな男子が、おばあちゃんを送ってきていた風景です。おばあちゃん嬉しかっただろうなぁ(*^-^*)。



昨夜、主人を迎えに行くとき流れていたのはこの曲。

スキマスイッチ 『奏』


この歌を目の前で歌いあげられたらきっと惚れます(*・ ・*)ポッ


<子だくさんブログランキング>

好きな歌  | コメント : 4

手紙

2011/05/27 10:23

昨夜、いつものように就寝前にピグインすると、こんな嬉しい手紙が送られてきていました♪。見知らぬ方からのお手紙に、最初驚きました。

         pigutegami5 27

アメーバーであんずのブログを見つけ、そこからこの「陽だまり…」にたどり着かれたのかな?と思いますが、こんな風にメッセージを残してもらえると嬉しいものです。今日も見て頂いているのでしょうか?(*/∇\*)♪。ありがとうございます。嬉しかったですo(^o^)o。



手紙と言えば、私が病院通いをしていた時に読んでいたこちらの本

     P1020236_tegami.jpg 映画にもなった本です。

強盗殺人を犯した兄が、主人公の弟に手紙を送り続けます。そして殺人犯をもった弟の苦悩の日々が綴られています。犯罪者の家族は、一緒に罪を背負っていかなければならない現実を突きつけられるという重い話です。もう随分前に読んだ本なのに、とても心に残っています。

とても心に残ってる理由の一つに、この本を読んでた時におきたことなのですが、病院で診察を終え、会計をするために、総合受付に下りたら、いつもと違う風景があったのです。

(あれ?。後ろの方があんなに空いてるのに、なんで皆さん座ってないんだろう???。)

たくさんの人が、後ろの方の席が空いているのに、受付のある前の方に重なるように立って待っていました。いつもはみなさん座って待たれていました。

私はその理由がわからず、たくさん空いてる席に歩いて行き座り、この『手紙』を読み始め数分たったとき、病院で初めて聞くブザーなのかチャイムなのかわからない音に(ん??)と思った瞬間です。私の席の後ろの方から、男性の「行くぞ」という低い声が聞こえました。私は、回りのことに興味がない人なので、それも別段気にならず本の続きを読もうとしたら、私の席の横の通路を歩く数人の人達の腰から下の姿が視界に見え、席が空いていたその理由を知りました。

スーツ姿の男性の後に、並んで歩く彼らは、前手錠(正確には手錠は布で隠れて見えませんでした)に腰にはロープをつながれ、足元はスリッパでした。

この『手紙』という本とリンクする画になりました。
そして、この本のラストで兄と弟の再会するシーンは、本でこんなに?っていうくらい涙の止まらない私でした。



続きを読む »

つぶやき  | コメント : 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。